産業廃棄物はしっかり瓦礫選別をすることで経費削減に繋がる

男の人

油の処理方法

作業者

飲食店や工場などで発生する廃油の処理は産業廃棄物処理業者に処理を委託することが望ましいです。産業廃棄物処理業者は廃油以外にも古紙やリサイクルゴミなど様々なものを併せて回収も行ってくれます。廃油の処理以外にも産業廃棄物処理業者は活用できます。

もっと読む

最終処分を効率的に

工事現場

事業活動における産廃の処理を効率的に行うために、産廃の破砕をおすすめします。破砕を行うことにより、処理用コンテナを有効に利用できるためです。破砕前には、環境の保護と処理費用をより削減するために、分別を行う必要があります。

もっと読む

廃棄物の処理に必要なもの

メンズ

産廃選別は環境を害さないようマニフェスト制度により、きちんと排出業者と処理業者の間に契約によって成り立っています。不法投棄や違法をさけるためにも事業を不明確にせず、しっかりしたデータをとり保存したりすることによってより良いクリーンな環境事業を実践しています。

もっと読む

エコと節約です

解体工事

リサイクルを促進

廃棄物のうち、分かりやすい分け方としては、事業活動に伴って発生するものが産業廃棄物として定義されています。建設業であれば、建物の解体や建築、道路工事であれば、その工事全般で排出されるものが、すべて産業廃棄物となります。産業廃棄物は、許可を持っている業者に委託して処分しなけれなりません。しかし、例えば解体現場の瓦礫をそのままどこかにへ持って行って、そのまま埋め立てるといった処分をすることはできないのです。産業廃棄物は種類ごとに処分方法が決められており、処分をするために種類ごとに分けなければいけません。建設業で排出される瓦礫であれば、しっかりと瓦礫選別をして、産業廃棄物となるものは適正に処理しますが、リサイクル可能なものもあるので、それらはリサイクルに回ることになります。

機械が大活躍します

瓦礫選別は、コンクリート片などの大きなものが多い場合には、重機で選別する方法があります。また、瓦礫選別のための様々な機械が開発されており、それらを使うことで効率よく瓦礫選別が可能です。ひとくくりに瓦礫といっても、プラスチックや紙くず、金属くずなどの様々なものが含まれています。家を一軒思い浮かべていただくと、これらが混ざっていることがイメージしやすいです。瓦礫選別し、これらを分けることで経費の削減にもなります。リサイクルされるものは処理費用がかからないため、可能な限りリサイクルできるものを選別することが必要です。また、分別が難しい場合には、分別からの全てを業者に依頼することもできます。産業廃棄物の処分と選別を同時に委託することで可能ですが、費用が割高になります。自社での分別などの選択肢と比較し、適正な産業廃棄物の処理を行うましょう。